アーティーチョーク Artichaut

珍野菜 アーティーチョーク 2蕾 少女

フランスに来て初めて知った野菜、観賞用みたいな姿で不思議だなあ、と。
アーティーチョーク、菊・アザミ科の花の蕾なんだそうです。
日本ではあまり馴染みのない食べ物ではありませんか? 今はどうでしょう?

ブーケみたいに持ってね、「ポンポンガールできそう!」(仏語チアガール)

アーティーチョーク 紅いお皿の上に

ゴロンと大きく。
フランスで見つけた不思議な姿の野菜にロマネスコというものもありました。
過去記事です。秋冬コレクションの帽子・・ではないの Romanesco

アーティーチョーク 圧力鍋で塩茹で後 お皿の上

うちではシンプルに圧力鍋で塩茹でします、7~8分くらい。
レモンと一緒に茹でたりも。

アーティーチョーク ガクをはずす

ガクを一枚づつ剥がして、下の方についている柔らかい部分を歯でしごいて食べます。
上品な柔らかい甘さ、少しサツマイモに似ています。お皿の上は歯型のついた葉っぱ状のものでいっぱいに(写真不推奨)。そして気が付くのです、
・・・あれ?食べられる部分がとっても少ないんじゃ??・・・
はい、全量のおよそ1割の部分しか食べることが出来ません。

アーティーチョーク ガクを外す ピンク色のガクが出てくる

この辺のビジュアルがとても好き、ほんのりピンク~紫のガクが出てきます。

アーティーチョーク 中心部 花の冠毛になる繊維

ガクを全部取ると、花の冠毛になる細かい繊維が出てきます。これはチクチクして食べられません。これを全部外すとアーティーチョークの一番おいしいところ、
アーティーチョークハートと呼ばれる花托の部分です。
直径7~8cmのタルト状、最後にパクパクといただきます。

アーティーチョークの花 紫の冠毛

webからお借りしました、そのまま育つと綺麗な花になるんですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です