反射神経とシューティングゲーム

ゲーム[DOOM] プレイ画面 EIZO社のモニター

ふと気が付くと自慢の反射神経に衰えを感じるようになり、加齢のせいねとばかり言ってもいられず・・意識して継続的に何かのトレーニングを始めなければいけないようです。
・・・シューティングゲームは?
PC 内に眠る多数の ” 全然手を付けていない ゲーム ” を掘り返してみました。

去年発売の  [ DOOM ]    id-Software.
第一者視点(プレイヤー視点)のシューティングゲームです。
人間みたいなロボ(?)を虐殺していくという、わりにありがちな設定で、
描写がグロテスクということで18歳未満禁止のレーティングになっています。

プレイステーション4 DOOM

ゲーム容量は 60GB 、( DL の場合は PC の HD の残容量を要確認です。)
しばらくゲームから離れていたので、その進化ぶりに驚きました。
描き込まれたグラフィック、速い移動速度、全面に飛び交う蛍光色の帯・・
眼が脳が追いつきません。

視線の上下移動があまりに激しいので30分もたつと 3D 酔いが始まります、
気持ち悪さに耐えながらのプレイです。

やめれば・・・??

キーを叩く指の動きが遅すぎる、動体視力が追いつかない、悔しくて悔しくて最後は半ば意地になって続けていました。
(それでも後半はかなり感覚が蘇りました。)

反射神経の訓練としてはかなり効果があるはず、と改めて思いましたよ。
集中力の維持、常に5~6の判断を同時に下し、ミスタッチの許されない素早いキーボード操作 etc etc,,

昔、フランスのある老人ホームにうかがった時に、共有サロンに置かれたゲーム機で
[ CALL of DUTY ]  というリアルな戦争シュミレーションゲームをしているお爺さんを
見かけました、プレイ中のミッションは WWⅡ 独ソ戦。
・・上手いわ・・
実際に WWⅡ で弾の下をくぐり抜けた経験をお持ちかしら?と思いましたが、恥ずかしくて話しかけることが出来ず・・今思うと残念です。
後で調べたのですが、フランスの老人ホームにはゲーム機がけっこうな割合で設置されているということです。
脳と指先(と記憶力)の訓練にはとても良いのでは、と私も思います。

ゲームパッケージ CALL of Duty infinite warfare 4.11.16

おまけの余談で、、
一番上の写真のモニターは日本の EIZO社 のもの、日本製であります。
高画質の描写力が素晴らしい・・他のメーカーのものに比べて値段が高めなのですが、
一目で価値あり、と思って購入しました。
この写真は申し訳ないくらいの悪い撮れ様なので参考になりません、と書かなくてはなりませんが。
高グラフィックのゲームやフィルム、写真の観賞におすすめのモニターです。

www.eizo.co.jp


2件のコメント

  1. 私も結構酔ってしまうのと、操作がもどかしいとか思うこともあって、昔っからFPS(一人称視点のシューティング)はあまりやりません…。そういえばPS4もあればいいなと思いながら、買うには至らず…いまだにPS3のゲームをたまに楽しみますが(笑)
    EIZOは少し高価だけど、とてもいいですよね。昔は会社で使っていました。

    1. 坂木さま
      こんばんは。これからゲームもまだ進化しそうで、映像が綺麗なのは嬉しいのですが、動きが速くなればなるほど三半規管にくるでしょうね。
      今はマウス操作を気を付ける(無駄に前後させると→画面は上下に激しく振れてしまう)ようにして、なんとか防ぐことが出来るようになりました。
      私はどちらかというとPCでのゲームの方が慣れているので(マウスとキーボ-ドで操作)たまにPSに戻ると、あららコントローラー、とくにジョイスティック部がうまく使えない、などそれぞれに慣れが必要で難しいですね。
      またぜひ当ブログに遊びにいらしてくださいね。
      『最果(さいはて)志向』http://blog.livedoor.jp/sakaki_mai/ にもおじゃまさせていただきます。めるも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です