ファラフェルサンド(マレ地区)

パリマレ地区 ファラフェルサンド 

中東発祥のひよこ豆の揚げボール「ファラフェル」の入ったサンドイッチ。
マレ地区はユダヤ人街としての歴史も古いので、イスラエル式のファラフェル
(国によって材料が若干異なるそうです。)のサンドイッチのお店がたくさん並んでいて、人気店になるとお昼時には長~い行列が出来ます。
袋状のパンの中にファラフェル、いろいろな生野菜、揚げ野菜、上にはゴマ風味のヨーグルトソースがかかっています。
辛さのない優しい味でベジタリアンサンド、タンパク質はお豆から、と宣伝用キャッチコピーは上々ですね。
店内(狭いです)で食べることも出来ますが、さらに長蛇の列に並ぶことになるので諦めてテイクアウトにしました。
実際、歩きながらプラスチックフォークで食べている人が多いです。

ファラフェルサンド 歩きながら食べる 壁の落書き マレ地区

ここは歴史のある小道なのですが、御覧のとおり落書きに占拠され
なんだかスラム風ですが、ここはパリ一の活気ある商業エリアなのです、、

マレ地区 ファラフェルサンド 敷石に座って食べる

腰を下ろせる敷石にお邪魔して。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です