トットちゃんのケーキ

マリービスケットのケーキ クリーム ベリー

昔々、ベストテンという歌番組の中で、司会の黒柳徹子さんが
紹介していたお手製のビスケットケーキです。
お気に入りの歌手の子が出演する時によくプレゼントしていた
記憶があります。(ジャニーズの男の子が多かったような?)

ポルトガルのマリービスケット

使うのは必ず「マリービスケット」。
日本ではどこででも簡単に手に入った覚えがありますが、
フランスではメジャーなビスケットではないようです。
置いてあるお店はなかなかありません。たとえあっても普通の
ビスケットコーナーには置かれていなくて「世界の食材」と
いうコーナーのポルトガルの棚で見つけることが出来ます。

パリに市郊外のポルトガル食品専門店 Aux Plaisir du Portugal

今回はパリ市郊外にあるポルトガル食品の専門店に行きまして
探してまいりました。夜の看板が妙に怖い雰囲気。

パリ郊外のショッピングタウン クリスマス前の買い物客の車の渋滞 夕刻

ついでの写真、郊外のショッピングタウンはクリスマス前の買い物客で
混み混み、駐車が難しく抜けだすのもまた大変で。

マリービスケットにクリームをつけてつなげていく

牛乳にくぐらせたビスケットを
(浸してはいけません、すぐグニャグニャに。)
固くホイップしたクリームをつけながらつなげていきます。
(横にした方が無難です、、)

フランスのクリームのパック 乳脂肪分30% 200cl 

フランスのホイップ用クリームは、正直どれがよいのかわかりません。
とりあえずこういう長期保存パックの物を使っています。
ちゃんと固くなりますし、酸っぱくないのでお菓子には良いかなと。
お砂糖を好きなだけ入れて、、

少女 マリービスケットのケーキ デコレーション ベリー クリーム

二世による飾り付け。
上からクリームを塗りながら冷凍のベリーをのせて。
数時間冷蔵庫で寝かせると出来上がりです。
フランスのクリスマスケーキ「ブッシュドノエル」にもなりますね。
ブッシュは暖炉の薪のこと、ノエルはクリスマスです。

冷凍のベリー詰め合わせ ピカール バイオ

ベリーはPicardの冷凍もので。Picardは最近日本上陸ですって?
成城石井さんだったかな?

窓際のトットちゃん 本 いわさきちひろの挿絵

子供たちが読んでいる途中の「窓際のトットちゃん」
「トットちゃんのケーキ」という名前の由来が伝わりました。
本はまだちょっと難しいね、ページ数多いしね。

ポルトガル産の赤ワイン VilaReal 2013年

夕食はポルトガル食品の専門店で買ってきたポルトガルワインで。


4件のコメント

  1. 懐かしい!
    子どもの頃によく作りました。
    子ども向けのレシピブックにでていたような。シンプルでおうちのおやつって感じの家庭的な味で好きでした。

    1. AYAKAさま
      こんにちは、いらっしゃいませ。
      焼かずに簡単なので子供でも楽しんで作れるんですよね。
      味はフランスの親族にも好評でした、軽くてふわっと優しい味、という誉め言葉で。
      この優しい味はマリーでないと出せないんですよね、でも昔作家の森瑤子さんが「黒柳さんのケーキをグラハムクラッカーで作ってみました。レモンも入れてちょっと大人っぽい風味になります。」と紹介されてて今度そちらも作ってみようと思います。
      本格的な編み物の季節ですね、またブログにおじゃまいたします。めるも

  2. 上沢晴雄さま
    いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
    このまろやかな味のマリービスケット、ほんとに何にでもあいますね。
    そしてこのケーキにはやっぱりマリーでないと。他のシンプルなビスケットでも試してみましたが今ひとつでした。
    最近の黒柳さんを動画で拝見しましたがお元気そうですね。でも早口のテンポが若干落ちたかしら?と思ってしまいました。
    またこちらからも上沢さまのブログにおじゃまさせていただきます。めるも

  3. 去年、このケーキ作りました!!!

    マリービスケットはなんでも使える万能お菓子と記憶しております( ゚д゚ )クワッ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です