プジョー 204 304 403 & 406 Peugeot

プジョー304 スカイブルー ピックアップ 路上に駐車 石造りの建物の前 赤い車庫の扉

これは私たちの田舎の隣町でいつも見かけるプジョー304 ピックアップ。
色はマット気味のスカイブルーです。
毎回必ず写真に撮ってしまうのですが、一度も所有者の方にお会い出来ず。
「売りに出したりしないかな?」
「うー、勧めないけど、5000フランくらいからどうかなあ。」(=762€)

*なんで今更フラン?←フランスフラン(~2001年末)を知っている自分の世代は昔フランで売買されていたものは、今でもフランで計算してしまうんです。子供達はいつもキョトンとしますけど。古くさいですね。

Peugeot 304は1969年に発売されました。
実は義実家がこのオフホワイトのものを所有していたことがあって、わずかな期間でしたが私も乗せてもらえました、エンジンをかける時にキーを回すのでなく、ハンドル脇のレバーみたいなものを思い切り何度か引くんですよね。
全体的に四角いのに角に丸みがあって、良く計算された美しさ。
細身のハンドル、革のフラット気味なシート、私にとっては古くて新しいような魅力があって一目惚れでありました。
フィルムカメラの頃だったので今写真が探せません、webで見つけた画像を。
Peugeot 304 Berline

プジョー304 白 セダン 4ドア 茶色のシート

その後長らく使われずにガレージの隅で保管されていたのですが、それはもう動かすのは危険なほどに古いものでしたから。
私はいつか外装はそのままにお腹の中身だけの新品総移植を、という夢をもっていたのですが、ある時ガレージを覗いたら、
「えっ!?私の304は??????」
「この前廃車にしちゃったのよ。」・・・・・・・・・・がっくりきました。

プジョー403 ピックアップ グレイの車体 ハンドルが赤 石造りの建物の前

これも故郷の近隣の町でいつも見かけるPeugeot 403ピックアップ、
1955年からの製造です。きっと近所の農業関係のおじいちゃん(想像)が大切に運転しているのでしょう。

プジョー403 細身のハンドルの赤い色

この赤の使い方。

プジョー403 ライオンのエンブレム

このプジョーの一連のシリーズの多くをイタリアのデザイン会社
ピニンファリーナ(Pininfarina S.p.A. )がデザインしています。
デザインに関してはイタリアのセンスにはかなわないなあ、
イタリア車の色使いなんて惚れ惚れしますもん。

プジョー406 クーペ ピニンファリーナ社デザイン

こちらは1997年に発表されたPeugeot 406クーペです。 *写真はwebより
デザインは同じくイタリアのピニンファリーナ社。
その美しさが大絶賛され、国内外で数々の賞を取っています。
しかし、この車種を最後にピニンファリーナ社とプジョー社の契約は終わってしまったようです。

プジョー304 セダン シャンペン色 パリ5区の路上

この304はですね、パリ5区の植物園の近くでいつも見かけるんです。
そして毎回写真を撮ってます、笑、傍目から見たらヘンな人でしょう。

田舎でももう304を見かけることは稀です。一度だけ一番好きなスカイブルーの304 セダンを高齢なおじいちゃんが運転しているのを見かけてウワー!もし止めることが出来たなら「売ってください!」と直訴してしまいそうでした。

プジョー204 カブリオレ 赤い車体 黒い布の屋根

こちらのPeugeot 204 カブリオレ(1967)  *写真はwebより
これももうほとんど見かけることはないです。
20年くらい前はまだ公道を走っていたんですけどね。
しっかしめちゃくちゃカッコよくありませんか?
でもけして高額だったわけではないのですよ。
おしゃれな時代だったのかしら。

こちらはポルトガルのバンド Os Capitães da Areia の曲のPVです。
出てくるのはPeugeot 204のカブリオレ(1967)、そしてフランスのシンボル的名車
シトロエンの2CV (1984)です。

曲の題名は Dezassete Anos「17歳」。
くすぐったい懐かしさ、ちょっと笑ってしまうほどの青春ですね。
男子4人に女子3人、後で揉めなきゃいいけど、笑。
私の数十年前、私の子供達のほんの数年後でしょうか。

フランスに Club 204&304というこの車たちのファン同好会がありまして、車のエキスポなどにときどき出展しています。毎度会員の皆さんの溢れる愛情に圧倒されてしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です