雨宿りのビストロで

パリ ビストロ料理 雨宿り アミューズブッシュ オリーブペイスト

本日日曜日のパリ、雨が降っていました。
レストランもお店もほとんど閉まっているので寂しいことこの上なし。
強く降り出した雨に驚いて飛び込んだこちらのビストロは、古き良き
「ご近所の食堂」風で、気さくなお昼ご飯を楽しむことが出来ました。

上の写真はAmuse-bouche アミューズブッシュ、直訳で口を楽しませるもの、
アペリティフ時に出てくる「おつまみ」です。
(中身はオリーブのペーストでした。)

パリのビストロ 窓の外は大雨

窓の外は大雨。

パリのビストロ 付け合わせのフレンチフライ 自家製

付け合わせのフレンチフライは自家製、ほっこり感が違います。
メインは定番のステーキを選びました。その他の料理も、いかにも
ビストロ的スタンダードな気取っていない・・要は普通のフレンチ。

パリのビストロ 調味料入れ

調味料の置かれ方も気取らないかんじで、

パリのビストロ デザート ティラミス 瓶詰容器で

デザートのティラミスは保存用の瓶(フォワグラやコンフィ用)に入って。
赤のヴィシー柄(ギンガムチェック)のナプキンもフランスの田舎風でなんとも可愛い。

忙しくテーブルを回りながらもお客との軽妙な掛け合いに精を出すウエイターさんとか、店内のワイワイガヤガヤした賑やかさとか、町の食堂的ビストロはフランスの生活感が溢れていて楽しいです。ぜひ偶然にまかせてお気に入りのビストロを探してみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です