今日、秋がやって来ました (in Mantes-La-Jolie)

マント・ラ・ジョリ ノートルダム教会 秋の灰色の空

今日、突然に秋がやって来ました。
昨日まで珍しいほどの残暑が続き、扇風機が活躍していたのに。

就寝中に哀しい雨音が聞こえてきたので、気温がついに下がるかな、
と覚悟していましたが、今朝の空は完全に秋の色になっていました。

新学期が始まったばかりなので、大人しく過ごすはずの週末ですが、
気分転換にドライブしよう、ということで、少し遠出して、
Mantes-La-Jolie (マント・ラ・ジョリ)という街へ出かけてきました。
パリから西へ60kmの距離にあり、ノルマンディー圏とパリを中心と
するイルドフランス圏の国境沿いの街として栄えた歴史があります。

街の中心にあるノートルダム教会の上に広がる灰色の空です。(上)

マント・ラ・ジョリ ノートルダム教会 マリア像 ステンドグラス

[Notre-Dame] ノートルダム、ご本尊マリア様の教会です。

マント・ラ・ジョリ ノートルダム教会 脇の歩道

マント・ラ・ジョリ ノートルダム教会 塔上部 ガルグイユ

12世紀から建設の始まったゴシック式の教会です。

マント・ラ・ジョリ ノートルダム教会 後ろ姿

後ろ姿、要塞のようですね。

マント・ラ・ジョリ ファサード 中央入口 赤い扉 少女

周りの建物がすぐ近くまで迫っていて、建物全体が撮れませんでした。
これはファサードの中央玄関です。パリのノートルダム大聖堂と造りが
よく似ていて、最上部の塔までこの扉の9倍くらいの高さがあります。

マント・ラ・ジョリ 日時計

日時計のある建物。
日曜は店舗の休業日でもあって、小雨の降る町は閑散としていて、
寂しさがココロに染みました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です