新凱旋門で見つけたR・マグリット

新凱旋門で見つけたR・マグリット colors-france.com nikonD800 ラデファンス パリ ladéfense lagrandearche

こちらはパリの一番新しい「門」、西郊外ラ・デファンス地区にある
La Grande Arche ラ・グランダルシュでの一枚です。
全景は2枚目から見ていただいて、こちらは「門」の側面にはめられた
ガラス窓に写る「雲」。ルネ・マグリット・・?と写真に収めました。
(クリックするとポップアップでより鮮明な拡大写真が出てきます)

新凱旋門で見つけたR・マグリット colors-france.com nikonD800 ラデファンス パリ ladéfense lagrandearche

正面に四角いラ・グランダルシュが見ながら。

日付は2月19日、パリ西郊外から繋がるA線に乗り、La Défenseの一つ手前の駅に
間違って降りてしまい、たまにはよいと地上に上がり「Espalanade=遊歩道」と
なっている公園を抜けながら歩いてみました。

*その頃のコロナ事情*
その数日前でした、フランスで初めてのCovid-19の患者の死亡が発表されたのは。
パリに住む親族を訪ねてきた中国人旅行客(80代)だったのですけれど、まだ
コロナは遠い国の事情、欧州まで伝わってきても大ごとにはならないだろう・・
そのくらいの印象で、私もその頃は毎日パリに通っていました。
そしてあっという間に状況が厳しくなり、3月17日にはついにロックダウン。

新凱旋門で見つけたR・マグリット colors-france.com nikonD800 ラデファンス パリ 布の雲のオブジェ lagrandearche nuage ladéfense

中央の空間に広がる布のオブジェのイメージは「雲」
巨大で固い印象の門との絶妙なバランスを魅せています。(悪天候除けの働きも)

パリの一つ目の凱旋門はルーヴル宮近くのカルーゼル門、次にあのシャンゼリゼの
凱旋門、そしてこの三つ目のラ・グランダルシュ、パリの一直線上に並んでいます。

この一番若い門は、総合オフィスビルとして1989年に完成しました。
そのお披露目のような形で先進国首脳サミットがこちらを会場にして行われ、日本
からは当時の宇野首相が参加されましたね。
右側のエレベーターで最上階展望台まで登ることができます。(未踏)

新凱旋門で見つけたR・マグリット colors-france.com nikonD800 ラデファンス パリ lagrandearche ladéfense

パリ中心部では見かけない近代的なオフィスビルが並びます。

今の今までなぜこの地区が「La Défense デファンス = 防衛」という地名なのか気に
したことがありませんでした、、調べました。
1870年のフランス帝国とプロイセン王国の戦争で、ここでパリ防衛の戦闘が行われた
のですね。

新凱旋門で見つけたR・マグリット colors-france.com nikonD800 ラデファンス パリ lagrandearche ladéfense

中心部には大きなショッピングセンターに劇場にレストランに。
手前のケーブルは「布の雲」を強力に引っ張っているもの。
写真の中央に小さく写っているシャンゼリゼの凱旋門が見えますでしょうか?

instagram にもご訪問くださいませ。
https://www.instagram.com/merumo.colors/

ふたつのブログランキングに参加しております。右上のリンクをクリックして
いただけると嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です