故郷オクシタニアの紋章 L’Occitanie

Toulouse,市庁舎,旗
フランス南西部の都市 Toulouseの市庁舎。フランスと欧州連合とオクシタニアの旗が並んでいます。

関空から出国してフランス入国は南西部の街トゥールーズ空港に。
(オットの出身地が近いためです、)
翌朝、時差ボケをごまかしながら市街地の観光に出かけました。

Toulouse の愛称は「  La ville Rose 薔薇色の街」
建築に適した石材が少なく、レンガで作られた建物が多いため、
写真のように赤やオレンジの鮮やかな色合いの街並みが続きます。

Toulouse,市庁舎広場,薔薇色の街

バジリック サン セルナン Toulouse

時差で頭がぼんやりしてますがそろそろ「オクシタニア」について説明を。

その昔フランス南西部からイタリア北部、スペイン北部、モナコを含む地域は
オック語というフランス語とスペイン語の中間にあたる言葉を話す
オクシタニア(  L’Occitanie)という「自治地域」でした。

中世ヨーロッパのドロドロした時期もあって歴史は複雑なのですが、
そのオクシタニアはだいたい 4世紀から 19世紀までゆるい自治区の立場を保ったそうです。
ゆえに現在でも独立スピリットを感じさせる風景が町中のあちこちに現れている気がします。
(上の一文は私個人の見解です。)

今から20年位前までは、老人たちだけが集まると自然とオック語の会話に
なっていましたが、その言葉も今は 100歳近い人たちが話すのみ。
私の義理父の両親はオック語で生活していたので、義理父は今もヒアリング
ならば問題ないそうですが、話すことはほぼ無理ということです。
私も生のオック語を聞かせてもらったことがありますが、ゆっくり
しゃべってもらえば、何について話しているのかはだいたい理解できます、
フランス語と共通の単語も(もちろん)多いですし。

トゥールーズの街の一角で見つけた小さな本屋さん、
「オクシタニア専門店」ということでたくさんの関連本がありました。

Toulouse,オクシタニア専門書店

そちらで買ったオクシタニアの紋章のネックレス。

オクシタニアの紋章,ネックレス

この旗は、旧オクシタニア地域の街のあちこちで見ることができます。

オクシタニアの旗

オクシタニアの旗

トゥールーズ市の紋章の中央にも華々しく描かれています。

Toulouse市,紋章

ウチの車のナンバープレートにも紋章が。同じように誇らしげに付けている車をけっこう見かけます。

オクシタニアの紋章,車のナンバープレートに


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です