パリ大学医学部・医学歴史博物館

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 人体模型 混凝紙製 Musée d’histoire de la médecine

パリには、メジャーではないけれど非常に興味深く、かつ美しいミュージアムが
少なからずありまして、先日そのうちの一つを訪ねてまいりました。
パリ大学医学部の校舎内にある「医学歴史博物館」
エジプトから始まり、近代までの実物の医療器具が展示されています。
その機能美をなんと言いましょうか、神経に刺さってくる美しさ、とでも??
それをとことん堪能出来る稀少な機会です。

上の人体模型は19世紀のもの、混凝紙製です。
(クリックするとポップアップで拡大写真が出てきます)

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 ガロロマン時代 スパチュラ 医療用へら ブロンズ製 Musée d’histoire de la médecine

こちらは医療用スパチュラ(へら)、ガロロマン時代(前3世紀末~後5世紀)
のものです。ブロンズ製。

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 15世紀の医療器具 Musée d’histoire de la médecine

15世紀の体に刺さった「矢」を取り除くための器具。(あああ・・)

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 昔の医療器具 Musée d’histoire de la médecine

各時代の手術医療器具が美しく几帳面に展示されています。
ほとんどが専用のオリジナルケースに収まっていまして、保存状態の良さに
驚くばかり。

*アクセスについて①*
↑↑↑が非常に難しいミュージアムでして、表通りに看板がでているわけでなく、
大学校舎の複数の入口の警備員に聞いても答えはあやふや、
おそらくこの建物!とやっと入ったところで、案内表示も頼りなく、

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 16世紀の医療用のこぎり Musée d’histoire de la médecine

16世紀の医療用のこぎり、時代を追って「のこぎり」のコレクションも豊富に。
完全麻酔の開発はそんなに昔のことじゃなかったような、、

*アクセスについて②*
最初に訪れた時は校内をさ迷い続け、仕方なく職員室をノック、内線で
問い合わせてもらい「今ね、学生の試験中だから閉まっているそうよ。」
2度目は「講義関連で閉鎖中」え、書いてありませんでしたよ、HPには。
3度目の挑戦でやっと初見学に成功しました。(去年のことです)

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 16世紀の義手 Musée d’histoire de la médecine

右は16世紀の義手、左は口を大きく開けたままにする器具、18世紀のもの。

*アクセスについて③*
数世紀前に立てられた重厚な校舎内を迷い歩いた記憶。
(ドア類はむやみに開けないほうがよいと思われます)
↓ FACULTE = 学部。

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 パリ大医学部入口扉 Musée d’histoire de la médecine

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 17世紀の義手 メカニック Musée d’histoire de la médecine

もうひとつ、17世紀の義手、指の操作が出来るメカニック式に  upgrading 。

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 結石の治療具 Musée d’histoire de la médecine

これは、、昔の結石を取り除く器具なのですが、右の解説図は拡大して見ないほうが
いいかもしれません、(怖恐)

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 19世紀の産婦人科診療台 Musée d’histoire de la médecine

これはすぐにわかりました、産婦人科の診察台です、19世紀末。

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 19世紀の脊髄矯正用コルセット Musée d’histoire de la médecine

19世紀末の脊髄の矯正コルセット。

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 Musée d’histoire de la médecine

上部の回廊にいらしたお方、この部分には登れませんので由来はわからず。

パリ大学医学部・医学歴史博物館 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 Musée d’histoire de la médecine

展示室の角から、大きな一室に収められています。

次回の更新ではこの博物館の第二弾、歴史上の有名人にまつわる医療器具の
エピソードについてまとめます。
あの王様はそんな病気にかかっていたの?、あの皇帝の検死??などなど。
ではまた次回に。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
にほんブログ村

インスタグラムにもご訪問くださいませ。instagram merumo.colors

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です