「コンクリートの詩人」による教会建築

ルアーブル サンジョゼフ教会 タワー 内部より見上げる ステンドグラス 鉄筋コンクリート

港町ルアーブルのサンジョゼフ教会です。
鉄筋コンクリート製で着工は1951年、中心部タワーの高さは110mもあります。
「コンクリートの詩人」と呼ばれる建築家オーギュスト・ペレ&工房による設計、しかしペレ氏は完成を待たずに1954年に逝去、彼の最後の作品になりました。

ルアーブル サンジョゼフ教会 タワー内部 ステンドグラス 鉄筋コンクリート

・・・・・

ルアーブル サンジョゼフ教会 外見 下より

外見はこんなふうで。
ルアーブルは第二次世界大戦中にドイツからの占領軍に支配され、1944年のノルマンディー上陸作戦に続く連合軍の奪回作戦中に大被害を被りました。主にイギリス空軍からの爆撃により街はボコボコにされ、街全体の8割が損壊してしまったとか。

素人考えでも、それってどうなのかしら??と思いますが、やはり今では「あの作戦は失〇だったのでは・・?」と言われているようです。

ルアーブル サンジョゼフ教会 祭壇

中央の祭壇。

ルアーブル サンジョゼフ教会 祭壇 オブジェ 戦災のイメージ

祭壇前のオブジェです、先の大戦の街の記憶に見えます。
戦後は即復興に取り掛かるわけですが、街はいったん更地にしてしまった方が早いくらいの惨状だったので、基盤からのやり直し。
前世紀初頭からコンクリート建築で名を馳せていたオーギュスト・ペレに新市街地の設計をまかせることに。

ルアーブル サンジョゼフ教会 照明

照明。

ルアーブル サンジョゼフ教会 タワー内部 鉄筋コンクリート製 

もう一枚・・もうどれだけ長く見上げていたことでしょう。
(他にお客さんいなかったので大丈夫、良アングルは譲り愛。)

ルアーブル港 運河 街並み

ルアーブルの運河にかかる橋より。
ペレ氏が描いたコンクリートの街並みが続きます。
中央右のタワーがサンジョゼフ教会。

ルアーブル 街並み コンクリートのアパート群

街並みは碁盤の目状。歩いていると、ここはフランスかしら? という気分になるのが不思議。建物のせいもありますが「道路がキレイなんだよ、ゴミが落ちていない。」あっ。

丘の上から見下ろすルアーブル港

小高い丘の上から見るルアーブル港。
左寄りにサンジョゼフ教会のタワーが見えます。

夜のルアーブル港 ドック

夜のルアーブル港のドック。
ギリギリ許してもらえる撮影でしょうか・・対岸からです。(前記事にくわしく、笑)

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク