ミルティーユ on カップケーキ

ブルーベリー 紫のアイシング カップケーキ

ミルティーユ on カラーアイシング on カップケーキ。

この濃紺の実はフランスではミルティーユ Myrtille と呼ばれています。
ミルティーユは英語名だとビルベリー、ブルーベリーの一種なんだそうですが、まとめてブルーベリーでいいんじゃない?(と大らかに)

ブルーベリー ケシの実

ミルティーユとケシの実 Graines de pavot。
ケシの実はよくアンパンとかカイザーゼンメル(ドイツ・オーストリアのパン)の上にのっかっているもの。プチプチした食感がアクセントになります。

ハート型のカップケーキ型 ケシの実入りカップケーキ 焼き上がり

ケシの実はカップケーキの中へ入れました。あとは…標準的なカップケーキです、レモンの皮も入れましたが。

カップケーキ型は今が旬の♡、フランスでもヴァレンタインデーはカップルのための大切な日、あらゆるお店にハートマークが飾られ、14日まで熱狂的なにぎわいを見せます。

だって、忘れたりしようものなら<〇〇されますからね>ホントに、笑。

でも何を贈るとか、交換?一方から?とかいう決まり事は何もなくて、ロマンチックなプレゼント(&方法)なら何でもok。
「チョコレート」はあまり御用でないかな、「義理プレ」の発想は・・なさそうです。

ブルーべリー 食用着色料 赤と青 紫を作る

アイシング用の食用着色料を調色、赤と青で紫を作ろうと。
アイシングの材料は、クリームチーズと砂糖を同量位、バターを少なめ3/4量で、+着色料、滑らかになるまで混ぜ(かなり固めのテクスチャー)、絞り型でグルグルっと。
材料通りのむっちりとした濃厚な味です。