未完の大聖堂 カテドラル ド ボーヴェ

ボーヴェ カテドラル 天井 ステンドグラス 週末にパリから80㎞ほど北にある街、Beauvais ボーヴェに行ってまいりました。
お目当てはこちら、カテドラル サンピエール ド ボーヴェ。(ゴシック式)
(Cathédrale Saint-Pierre de Beauvais)
12世紀に建設が始まり、世界一高い天井48.50mを誇るカトリック教会です。
見上げると圧巻であります。

カテドラル ボーヴェ 天井 ステンドグラス

天井の高さが分かりやすいフル縦長写真を撮り忘れてしまいましたが、、

ボーヴェ カテドラル 柱 ステンドグラス

当時の教会建築は “より高く、より大きく!(ヨソよりね)” という風潮があり、改築につぐ改築、何度も失敗して崩落、再度挑戦するも崩落++資金難、、
もともと建築技術的に無理があったようで、その後は現状維持の補強工事が欠かせない状態に。それで今はところどころがこんな様子です。

ボーヴェ カテドラル バラ窓 補強の鉄骨
ボーヴェ カテドラル 補強の木組み

今は現代建築技術の手が入り損壊の危険はないそうですが、完成させる予定もないんだそうです。
でもですね、そういう人間くささが思い入れを深くするというか、
とりわけ「未完の○○」みたいなものは妙に心をくすぐりますねえ。

ボーヴェ カテドラル 青のステンドグラス 三面

ステンドグラスが美しいのです。
上部のものはまぢかに見ることが出来ず本当に残念。

カテドラル ボーヴェ 天井 ステンドグラス

ボーヴェ カテドラル ステンドグラス 人物モチーフ
ボ-ヴェ カテドラル ステンドグラス 聖職者のモチーフ
ボーヴェ カテドラル 青のステンドグラス マリア像

ボ-ヴェ カテドラル キリスト像 14世紀の大時計

14世紀に作られた時計。彩色は15世紀のもの、今も鮮やかです。

ボーヴェ カテドラル 14世紀の大時計

ボーヴェ カテドラル 14世紀の大時計 内部メカニック 説明写真

その中のメカニックの説明パネル。

ボーヴェ カテドラル 柱 天使が支える

これはその時計の台部分にあった天使(多分)。よく像柱などで上の重みを支える構図がありますよね。たいていはマッチョなオジさんか、長身の美女なんですが、このまだオムツしてる?みたいな天使がいじらしくて気になりました。

ボーヴェ カテドラル 19世紀の天文時計

そしてこちらは19世紀に作られた天文時計。約90000ピースが組み合わされていて高さは12mほど。
52個のダイヤルは季節・月・塩の満ち引き、天体の動きまでを、68個の仕掛け人形はキリスト教徒のテーマ、生誕から最後の審判までを表しています。

ボーヴェ カテドラル 斜めからの全体写真

正面斜め前からの図、左が入口です。

ボーヴェ カテドラル 脇の写真

正面から脇の部分なんですが、ちょっと妙な造りに見えてしまいます。
やはり中心部がもっと奥行きを持つように増築される予定でしたが、途中で計画は打ち切りになったそう。

1940年 ボーヴェの街はドイツ空軍に破壊される 写真 カテドラル上部より撮影

こちらは1940年にカテドラルの上部から撮られた写真です。
ドイツ空軍にボコボコにされたボーヴェの街であります。
ステンドグラスの主要な物は事前に近くのお城に避難させてあり、カテドラルも無傷とはいきませんでしたが、被害は少なくすんだのだそうです。
この美しいカテドラルをなんとしても守ろうという歴代関係者たちの意志の強いこと。
感銘の一言であります。


サンセバスティアン(スペイン・バスク地方)

スペインバスク地方 サンセバスティアン レストランバー通り 赤いワンピースの少女

スペイン北部、フランスとの国境まで20㎞の街、サンセバスティアンに着きました。
この街はスペイン有数の観光地であり、世界有数のグルメ都市であり。
しかしフランスに帰る間際に少しだけ、ほんとにお昼ご飯のためにしか寄れなかったので、いろいろ見て回れませんでしたー。
しかもお昼にサングリアを堪能しすぎて、カメラを持つ手元があやしく写真も少ないです・・レストランとバーが並ぶ小道で。

スペインサンセバスティアン カトリックのカテドラル ファサード

市中心部のカトリックのカテドラル。

スペイン サンセバスティアン カテドラル 内部 ステンドグラス

よく晴れた日で、ステンドグラスからの光が綺麗でした。

スペイン サンセバスティアン カテドラル キリストの絵 ステンドグラス

スペイン サンセバスティアン カテドラル 大理石の床 ステンドグラスの反射

スペイン サンセバスティアン カテドラル 修復師

修復師の方のお仕事を間近で拝見しました。
かなりの防護装備、危険な薬剤も多いのでしょう。

スペイン サンセバスティアン ピンチョス

三ツ星レストランの並ぶ美食都市であります、しししかし時間がないので、
名物のピンチョス、パンにお惣菜を乗せたアペタイザーですね、こちらを何種類も選んで頂きました。ちょとお寿司のような感覚です。
故郷のフランス南西部からはそれほど遠くないので、また近いうちに再訪します。


北スペインの海

スペイン北部 サンタンデールの海 Santander 砂浜 船 人

スペイン北部サンタンデール(Santander)の海で。
スペイン王家伝統の避暑地であります。

スペイン北部の海 砂浜 サンタンデール Santander  砂の上に座る人

真夏のマドリッドは40度超えとかしてしまうので、夏のヴァカンスは北へ向かうのですね。
フランス(から北の国)の夏休みは南を目指すイメージがあるので一瞬、ん?とか思って、いえ、ちょっとした思い込みです。

サンタンデール 海 砂浜 灯台 スペイン北部

風強く波荒く。

サンタンデール スペイン北部 岩場 砂浜

サンタンデール スペイン北部の海 岩場の植物 紅い実

岩場に咲く花が可愛らしくて。

サンタンデール スペイン北部 岩場の花

サンタンデール 繁華街 スペイン北部

この街の港は欧州北側との貿易で栄えてきました。
フランスの太陽王ルイ14世のお后様は、サンタンデール出身の
マリー・テレーズ・ドートリッシュ
Marie Thérèse d’Autriche (フランス名) María Teresa de Austria (スペイン名)
名前のとおりハプスブルグ家の方ですが、家系はフランス&スペイン王室、メディチ家++、欧州のロワイヤルな婚姻関係は複雑でいらっしゃる。

スペイン北部 ピレネー山脈の終わり 山

海岸沿いにはピレネー山脈の端の山々が。
古くからフランスとスペインの間での領土争いが絶えなかった地域です。
スペインの北側に行くよ~、と言うと親戚、友人から必ず言われます。
「フランスナンバーの車で行くんでしょ?気を付けなよー。」
「フランス語で話しかけないほうがいいね、英語が無難かな。」
数世代に渡る両地域の軋轢(ま、戦争ということです、)がまだまだ尾を引いていて、フランス人と解るととっても冷たい待遇受けるよ、だそうです。
・・・実際お店の人から大事にされないこともしばしば、けして錯覚ではなかったですねえ、まあ、気にしなければそれでOKですけれど。
ただ隣国との関係はとかく揉めるものなのね、難しいね、としみじみ思いました。

スペイン北部 サンタンデール ホテル テレビ クレヨンしんちゃん

最後のおまけ、ホテルのTVで。みさえはスペイン語でも怖かった・・。
クレヨンしんちゃんはスペインでたいへんな人気者なんだそう。
放送時間には子供が通りから消えるとか、作者の臼井儀人さんがスペインに正式招待され大歓迎を受け感動した、などのエピソードがあるそうです。