サラダボウルに苺のトライフル

大きなサラダボウル 苺のトライフル 少女 セピア写真 苺の彩色 手彩色古写真風

ええと、江戸・明治時代の「手彩色古写真」みたいになりました、
実は一発撮りを失敗しまして、あれこれいじっていたらこうなったという。
当時は白黒写真に浮世絵師や日本画師が彩色を施していたそうです。
今どきはデジタルトリックで簡単に出来てしまいますが。

こちらの苺のトライフルは、おしゃれで工夫がいっぱいのお料理ブログ、
marronroyさまの旬のフルーツ!紅ほっぺで簡単トライフルで習いました。
レシピでは個別の可愛いガラス器に入っていたのですが、うちにはないわ・・
でも大仰なサラダボウルがあったわ、とそちらに全部重ねてみました。

・・・豪快に大雑把に出来てしまいましたね。
ぜひ本家のブログの美しい写真を閲覧くださることをおすすめします。

大きなガラスのサラダボウル 苺のトライフル クリームの上にカット苺

小さめにカットしたシフォンケーキ、カスタードクリーム、
たくさんの苺を層にして上をクリームで覆い、さらに苺を乗せてゆきます。
オールスターズがフワッと詰まったおうちデザート、
子供たちが大喜びでありました。


iPAD Air2 で授業

iPAD Air2 で学校の宿題をする 少年

秋の新学期から息子の学年で(中等部)タブレットによる授業が始まり、
学校から iPAD Air2 が支給されました。
Retinaディスプレイがとても綺麗、容量は64GB、使い出がありそうです。
屈強なケースに収まっているあたりに学校側の配慮が見えます。

学校からの連絡事項、宿題の一部もこのタブレットから返答するようになり、
これから使用内容も頻度も拡大していくらしく、最終的にはどうなるの??

授業も遠隔参加Okかな?
風邪ひいても家で「出席」出来るようになる?
じゃ、大嵐の日に無理して学校行くことないよねー、とかいろいろと。
そういう機能もそんなに遠くないうちに実現しそうね。

ママンは「ガリ版印刷」を知っている最後の世代よ。
「それ、どんなのだったの?」 えっとね・・