円盤状のもの

ホイールキャップ 女性の腕 白黒

また妙なもの引き取ったの・・? と言われましたが、使い道は模索中。

円に軸、色は銀、決まり切った型の中、それでもそれぞれ個性的。
プロダクトデザイナーの腕の見せ所なのでしょうね。


星の王子様 50フラン札

サンテグジュペリ 星の王子様 フランスフラン 

フランスフランの50フラン札です、ユーロ導入直前まで使われていました。
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリと星の王子様が描かれています。
左上に小説の冒頭に出てくる「象を呑み込んだウワバミ」のデッサン、
そして飛行機と彼の航路ですね。

50フラン札 裏 飛行機のデッサン 星の王子様

こちらは裏側、50フランは現在の7.5ユーロ強くらいですか。
フラン札とユーロの交換期限が数年間設けられていましたが、このお札を手放すのが惜しくて数枚を手元に残しておきました。

そういえば学生時代のフランス旅行前、
「フランス土産? サンテグジュペリのお札がいいわ。」と友人から言われ、何枚か持ち帰った覚えもあります。
(現在は流通していないお札なので sample などの文字は入れておりません。)

サンテグジュペリ 肖像 フランスフラン 裏表 透かし

今持っているのは2枚だけ。
少し明度を落としてみました、端にサン=テグジュペリの透かし肖像が見えますでしょうか? 下の左下に「羊」のデッサンの透かしも見えますね。↓

サンテグジュペリ 羊のピンブローチ

「ねえ、僕にひつじの絵を描いて、」のピンブローチ。
昔、ポンピドーセンターの前に星の王子様の専門ブティックがあってそちらで購入しました。専用のカンケースに入れてもらって。

星の王子様 本 ペーパーバック サンテグジュペリ

もう20年近く前に買った本。中は訳の書き込みだらけで懐かしく。
Le Petit Prince 直訳だと小さな王子様ですが、星の・・と付けたのは名訳と思います。


蛇腹カメラ Kinax baby 1949-1956

屋根裏部屋のライティング 旧式カメラを構える

お宝は埃にまみれておりました。
1950年代に販売されていたフランス製のカメラ、Kinax Baby。
スイッチでビョーンと伸びる蛇腹式(スプリング式)、シンクロのフラッシュ付き。

写真のライティングは屋根裏部屋の小窓より、良い陰影を作ってくれました。

キナックスカメラ フランス製 蛇腹式

1952年には7010フランの値段がついていたそうです。
でも誰も私のまわりで、その当時の7000フランの価値がわからない・・
「あの時代にカメラなんて、それはそれは珍しかったでしょ?高かったはず。」

・・・例としてフランスパン、バゲットがその当時いくらだったのか調べてみました。
kg単位で、デノミ、ユーロ換算・・と複雑な表から割り出してほぼ22倍の価格差で。
ということはこのカメラは現代の3300ユーロ相当だったかと予想。
(確証はありません、)

ま、とりあえず、あの時代にはけっこうな贅沢品だったと思います。
(私が今新調したいカメラより高い!)