ポニョと宗介の船のモデル

ポニョのモデル ブリキの金魚 少女が持つ

これは数年前、東京のかっぱ橋道具街で調理具の買い物をしていた時、
ある食器店でお店の方と相談していたら、ふと店頭にあるオモチャを手に取られ、
「このブリキの玩具は [崖の上のポニョ] のモデルの金魚。こちらが宗介の船なんですよ。」
子供たちが「うわあっ!」と反応して即購入したものです。
店員さんは「あらなんだか強引だったかしら・・」と恐縮されていましたが、
いえいえそんなことはありません、楽しい出会いデス。

ポニョ 宗介の船のモデル ブリキのポンポン船

ポニョ 宗介のおもちゃの船 ブリキのポンポン丸 外箱 日本製

ブリキのポンポン丸、映画と同じように蝋燭の炎を動力にして進みます。
かなり大きなポンッポンッという音を出しながら水の上を走ります。

ポニョ 宗介 船に乗る図
*ネット記事からお借りしました。

昨日久しぶりに「崖の上のポニョ」を子供と一緒に見てみました。
実は2度目の観賞なのですが、初回は子供も小さくて何かと落ち着かず、
自宅の居間だったので妙に気が散ってしまい(主婦の習性、)細かいところまで見ていなかったような。(恥ずかしく申し訳ないかぎり、)

で、今回はじっくりしっかりと。
あああああああ、夢にも出てきてしまいました、やっぱり怖いですね。
いえ、ポジティブな方向でそう言っているのですけれど。
宮崎監督の映画は多重構造、見るたびに奥深さがズッシリときますね。

宗介の母リサの車のプレートナンバーは 333
娘は「あ、これは神の数字、マミー(祖母)に習ったわ。だから無茶な運転が怖くないのね。」

ポニョ 母リサの車 333

リサが死のドライブに向かう前に読み取ったモールス信号は、
いったい誰が何を伝えてきたの?

あ、暗いトンネルの前にお地蔵様がいるね・・

わからないままの方がよいかな、と思う点もたくさんあったように思います。

フランスでもジブリのアニメは大人気です。
ただジブリのいくつかの作品は、フランスの人達にはちょっとわかりづらいんじゃないかと心配になることがあるのですが、象徴的なシーンとかオブジェとか、日本の文化圏以外ではピンとこないであろう部分も多くありますし。
なのでこちらでジブリ映画について話し込むときは、少し慎重になってしまいます。
トトロ・・あの映画怖いよ、と言ったら真顔で「ちょっと・・きちんと話してくれる?」と厳しくせまられたこともありましたねえ。


ヴィンテージ時計 WATEX Swiss

WATEX 腕時計 ヴィンテージ 黒クロコダイルのバンド 少女

この時計は、1960年代にスイスのWATEXという時計メーカーで作られた機械式
(ネジ巻き式)の腕時計です。

30年近く前の話ですが、スイスの時計工房と取引をする先輩の一人が、ある工房の倉庫に眠っていたたくさんの新品のヴィンテージ時計を見つけてしまった、ということで、
「20個ほど譲ってもらったんですよ、」
そのうちの2個がとても気に入りさっそく交渉、全機能調整済み+好みのベルトを付けてもらって、たしか一本一万円だったと思います。
手巻き式のWATEXの時計は、1960年代に盛んに作られましたが、
1970年代のクウォーツ時計の急激な普及により、多くの製品が店頭に並ぶこともないままにしまわれてしまった、ということです。

watex ヴィンテージ時計 黒クロコダイルのバンド

レトロなんですけど斬新。
今の時代には作られそうにないタイプのデザインです。

WATEX スイス ヴィンテージ時計 フェイスカバーの厚み 黒クロコダイルのバンド

フェイスカバーの厚みが見ていただけるでしょうか?
すでに半世紀ほどたっている製品ですが、きちんと動きます。
(いえ、一日で5分くらい進んでしまうのですけれど、)
機械時計の寿命は長いと聞きますので、そうですね、丁寧に使えばいつまで現役でいてくれるでしょうか? 実験中であります。

長く動かさないと痛むので、ネジを巻くのを忘れないためにも、折を見て腕にはめて使っています。完全’無’防水なため、気を付けなければならないし、少々手間もかかりますが、それもヴィンテージの風情ということで。
もう一本、男性用のものがありまして、今修理に出しているのですが、
(フェイスカバーが外れてしまいました、)
無事に戻ってきたらまた写真に残そうと思います。