闇に浮かぶ光・ボルドーの夜

闇に浮かぶ光・ボルドーの夜 colors-france.com nikonD800 ボルドーワイン博物館 フランス生活色彩の記録 La cite du vin Bordeaux

昨年にフランス西部・ボルドーに遊びに行ったときの記録です。
Bordeaux、言うまでもなくワインの世界的産地です、こちらは2016年に開館した
La cité du vin ボルドーワイン博物館。うねるような曲線が神経をくすぐります。

子は「蛸!」いえ、ワイン樽とか葡萄の木のイメージじゃないかしら・・
建築家はパリの XTU 設計事務所、アヌーク・ルジャンドルとニコラ・デマジエール。

こちらのミュージアムでは試飲メインの楽しい見学コースがあるのですが、まだ参加
してません、ぜひ体調を万全に整えて次回に。(せっかくですからー)
中のブティックには世界中の名ワインが揃っていまして数本を購入、甲州産のワイン
もありましたよ。
(写真をクリックするとポップアップでより鮮明な拡大写真が出てきます)

闇に浮かぶ光・ボルドーの夜 colors-france.com nikonD800 cours l'intendance Bordeaux フランス生活色彩の記録

こちらはメインストリートのひとつクール・ランタンダンス。
この一本裏の通りに住んでいた時期がありまして、ちょうど第一子を妊娠中にトラム
(中央に線路)の工事が始まって、あの頃のお腹に響いた騒音の凄まじさですら妙に
懐かしいです、子の誕生前にパリに引っ越してしまいましたが。

当時はちょうどボルドー大再開発プロジェクトが発足した時期、あの頃のこの街は
ちょっとくすんだ印象があったのですが、今、華やかに生まれ変わったボルドーは
ビックリするほど眩しく見えます。

闇に浮かぶ光・ボルドーの夜 colors-france.com nikonD800 ボルドーワイン博物館 フランス生活色彩の記録 bordeaux opera

クール・ランタンダンス大通りの奥にオペラ座。
土曜の夜でしたが、人通りの賑やかさに圧倒されました、活気があります。
数年前にパリ・ボルドー間の新幹線のレールが改良され、2時間という近さに。
(以前は、在来線でしょ?というスピードで走る区間も、3時間以上でした、)
今ではフランス人が住みたい街 No1に毎年連続で選ばれています。

闇に浮かぶ光・ボルドーの夜 colors-france.com nikonD800 ボルドーワイン博物館 フランス生活色彩の記録 Bordeaux hotel intercontinental

オペラ座の向いのインターコンチネンタルホテル。

闇に浮かぶ光・ボルドーの夜 colors-france.com nikonD800 ボルドーワイン博物館 フランス生活色彩の記録 サーカス bordeaux place Quinconces

欧州一の広さをもつカンコンス広場。15世紀建立の要塞城が建っていましたが
19世紀に破壊されたあとは公園となっています。
この広場では展示会や蚤の市などのイベントがよく行われていまして、この夜
には闇に浮かぶ妖しさいっぱいの光、大サーカスの一座が公演中でした。

インスタグラムにもご訪問くださいませ。instagram merumo.colors

スポンサーリンク