ポニョと宗介の船のモデル

ポニョのモデル ブリキの金魚 少女が持つ

これは数年前、東京のかっぱ橋道具街で調理具の買い物をしていた時、
ある食器店でお店の方と相談していたら、ふと店頭にあるオモチャを手に取られ、
「このブリキの玩具は [崖の上のポニョ] のモデルの金魚。こちらが宗介の船なんですよ。」
子供たちが「うわあっ!」と反応して即購入したものです。
店員さんは「あらなんだか強引だったかしら・・」と恐縮されていましたが、
いえいえそんなことはありません、楽しい出会いデス。

ポニョ 宗介の船のモデル ブリキのポンポン船

ポニョ 宗介のおもちゃの船 ブリキのポンポン丸 外箱 日本製

ブリキのポンポン丸、映画と同じように蝋燭の炎を動力にして進みます。
かなり大きなポンッポンッという音を出しながら水の上を走ります。

ポニョ 宗介 船に乗る図
*ネット記事からお借りしました。

昨日久しぶりに「崖の上のポニョ」を子供と一緒に見てみました。
実は2度目の観賞なのですが、初回は子供も小さくて何かと落ち着かず、
自宅の居間だったので妙に気が散ってしまい(主婦の習性、)細かいところまで見ていなかったような。(恥ずかしく申し訳ないかぎり、)

で、今回はじっくりしっかりと。
あああああああ、夢にも出てきてしまいました、やっぱり怖いですね。
いえ、ポジティブな方向でそう言っているのですけれど。
宮崎監督の映画は多重構造、見るたびに奥深さがズッシリときますね。

宗介の母リサの車のプレートナンバーは 333
娘は「あ、これは神の数字、マミー(祖母)に習ったわ。だから無茶な運転が怖くないのね。」

ポニョ 母リサの車 333

リサが死のドライブに向かう前に読み取ったモールス信号は、
いったい誰が何を伝えてきたの?

あ、暗いトンネルの前にお地蔵様がいるね・・

わからないままの方がよいかな、と思う点もたくさんあったように思います。

フランスでもジブリのアニメは大人気です。
ただジブリのいくつかの作品は、フランスの人達にはちょっとわかりづらいんじゃないかと心配になることがあるのですが、象徴的なシーンとかオブジェとか、日本の文化圏以外ではピンとこないであろう部分も多くありますし。
なのでこちらでジブリ映画について話し込むときは、少し慎重になってしまいます。
トトロ・・あの映画怖いよ、と言ったら真顔で「ちょっと・・きちんと話してくれる?」と厳しくせまられたこともありましたねえ。


iPAD Air2 で授業

iPAD Air2 で学校の宿題をする 少年

秋の新学期から息子の学年で(中等部)タブレットによる授業が始まり、
学校から iPAD Air2 が支給されました。
Retinaディスプレイがとても綺麗、容量は64GB、使い出がありそうです。
屈強なケースに収まっているあたりに学校側の配慮が見えます。

学校からの連絡事項、宿題の一部もこのタブレットから返答するようになり、
これから使用内容も頻度も拡大していくらしく、最終的にはどうなるの??

授業も遠隔参加Okかな?
風邪ひいても家で「出席」出来るようになる?
じゃ、大嵐の日に無理して学校行くことないよねー、とかいろいろと。
そういう機能もそんなに遠くないうちに実現しそうね。

ママンは「ガリ版印刷」を知っている最後の世代よ。
「それ、どんなのだったの?」 えっとね・・


反射神経とシューティングゲーム

ゲーム[DOOM] プレイ画面 EIZO社のモニター

ふと気が付くと自慢の反射神経に衰えを感じるようになり、加齢のせいねとばかり言ってもいられず・・意識して継続的に何かのトレーニングを始めなければいけないようです。
・・・シューティングゲームは?
PC 内に眠る多数の ” 全然手を付けていない ゲーム ” を掘り返してみました。

去年発売の  [ DOOM ]    id-Software.
第一者視点(プレイヤー視点)のシューティングゲームです。
人間みたいなロボ(?)を虐殺していくという、わりにありがちな設定で、
描写がグロテスクということで18歳未満禁止のレーティングになっています。

プレイステーション4 DOOM

ゲーム容量は 60GB 、( DL の場合は PC の HD の残容量を要確認です。)
しばらくゲームから離れていたので、その進化ぶりに驚きました。
描き込まれたグラフィック、速い移動速度、全面に飛び交う蛍光色の帯・・
眼が脳が追いつきません。

視線の上下移動があまりに激しいので30分もたつと 3D 酔いが始まります、
気持ち悪さに耐えながらのプレイです。

やめれば・・・??

キーを叩く指の動きが遅すぎる、動体視力が追いつかない、悔しくて悔しくて最後は半ば意地になって続けていました。
(それでも後半はかなり感覚が蘇りました。)

反射神経の訓練としてはかなり効果があるはず、と改めて思いましたよ。
集中力の維持、常に5~6の判断を同時に下し、ミスタッチの許されない素早いキーボード操作 etc etc,,

昔、フランスのある老人ホームにうかがった時に、共有サロンに置かれたゲーム機で
[ CALL of DUTY ]  というリアルな戦争シュミレーションゲームをしているお爺さんを
見かけました、プレイ中のミッションは WWⅡ 独ソ戦。
・・上手いわ・・
実際に WWⅡ で弾の下をくぐり抜けた経験をお持ちかしら?と思いましたが、恥ずかしくて話しかけることが出来ず・・今思うと残念です。
後で調べたのですが、フランスの老人ホームにはゲーム機がけっこうな割合で設置されているということです。
脳と指先(と記憶力)の訓練にはとても良いのでは、と私も思います。

ゲームパッケージ CALL of Duty infinite warfare 4.11.16

おまけの余談で、、
一番上の写真のモニターは日本の EIZO社 のもの、日本製であります。
高画質の描写力が素晴らしい・・他のメーカーのものに比べて値段が高めなのですが、
一目で価値あり、と思って購入しました。
この写真は申し訳ないくらいの悪い撮れ様なので参考になりません、と書かなくてはなりませんが。
高グラフィックのゲームやフィルム、写真の観賞におすすめのモニターです。

www.eizo.co.jp