アンドラ公国首都 アンドララベリャ

ピレネー山脈に囲まれたアンドラ公国首都 アンドララベリャ ビル群 3体の男性像

ピレネー山脈の真ん中にあるアンドラ公国、その首都のアンドララベリャです。
(滑舌力が試されますね。)
切り立つ山並みの中に突然現れる近代都市、不思議な景観です。

アンドララベリャ 旧国会議事堂前 Plensa氏の彫刻 7人の詩人

スキー&トレッキングリゾートを中心にした観光業が盛んで、山の斜面にはホテルが林立しています。
体育座りの人物像、このオブジェは7体あって「7人の詩人」バルセロナ出身のPlensa氏の樹脂彫刻。

アンドララベリャ 中心部 ダリのオブジェ Noblesse du temps

国面積は468㎢、東京23区よりも小さく居住者は8万人。
アンドラ国籍者は人口の30%強と外国人率の高い国です。
税金がとても安いため(数年前まではタックスヘイブンで、現在は少し上がったようです。)ブランド品のショッピングを楽しむ観光客で賑わう国です。
街中心にあるダリのオブジェ、Noblesse du Temps。(Tempsは「時」)

アンドララベリャ 旧市街 カトリックロマネスク教会 聖エステヴェ教会

アンドラの名は古く、紀元前から欧州の外交史に登場します。
この教会は旧市街にあるSant Esteve教会、11世紀から続くカトリック教会です。ロマネスク式。

アンドララベリャ 聖エステヴェ教会 祭壇 ステンドグラス

内装は可愛らしい色合いの可憐な教会でした。

アンドララベリャ 旧国会議事堂

この建物は1580年からつい近年まで使われていた国会議事堂。(あら、小ぶり)
歴史を調べると、小国の立場と立地をうまく利用しながら、スペイン・フランスとの関係を表に裏に、実にしたたかに生き抜いてきた国のようです。でも最終的な独立は1993年、元首はスペインカタルーニャのウルヘル司教(カトリック)と、フランスの大統領の二人が務めています、現在はマクロン氏なのですね、これはかつてのフランス王が元首だったためにその後を継ぐ立場にある、ということだそうです。でもそのお二人の元首も名目だけで、政治的に介入することはほぼないとのこと。
EUには加盟しておらず、通貨はユーロです。

アンドララベリャ 旧子飼議事堂 壁の紋章 1580年の記述

旧国会議事堂の壁にアンドラ公国の紋章。下の盾形の部分に1580(年~)の文字が見えますでしょうか?

アンドララベリャ メインストリート ショッピング通り ブランド店

メインストリート、ブランドの看板が踊ります、街全体が空港の免税エリアのよう。
消費税が20%を超える国が多い欧州の中では遥かに低い税率で、多分4分の1以下、国によってかける物品に差があるため比較は難しいのですが。
税金安を強味に外国企業誘致にも成功しています。

アンドララベリャ メインストリート カメラ店

でもですね、今回はカメラ店を3軒ほど廻りましたが、んー、フランス国内の店頭でももう少し安く買えるんじゃ?
ダイレクトにボディとレンズの型番を告げてHow much?、押しの強い店員さんが多くて(怖)長くは居ませんでしたが、もしかしたら値下げ交渉も可能かもしれません。品物によってはネットで下調べしたほうが良い場合もあるでしょう。(上の店舗には入っていませんのでー、)

アンドララベリャ 葉巻店

葉巻店。アルコール、香水、タバコは安く購入出来ます、ただしこの3品は国境税関での扱いがどうなるか、微妙な駆け引きがありそうです。10年ほど前にも一度訪れましたが、フランス側の税関で全車両、車内の総てを開けられ、車体の下は棒先のミラーでグリグリと調べられ・・厳しい・・。今回はですね、数台に一台ほどをランダムに調べていましたが私達はスルーされ、さて何がかわったのでしょう?消費税が導入されたからでしょうか?? わからないです、すみません。
あとガソリン価格はフランス国内の3分の2くらいでした。出国前にはガソリンスタンドに寄りましょう。

アンドララベリャ 旧国会議事堂 国旗 後ろに山

山が降ってくる・・重圧感が平衡感覚を狂わせます、見上げると怖いです。
前出の旧国会議事堂とアンドラの国旗。


アンドラ公国 ピレネー超え

ピレネー山脈 標高1500m 雪の山景色 少女後ろ姿

「アンドラ公国」、あまり知名度は高くない国名かもしれません。(失礼、)
フランスとスペインを分けるピレネー山脈を、この謎の国を通って超えました。
アンドラについては次回に都市部の写真を載せたいと思います。

Mirador Roc del quer  アンドラ国 名勝地 男性の像 ピレネーの雪の山脈

この地点は Mirador Roc del Quer というアンドラ国有数の景色が望める地点です。
標高は1500mを超えます。展望台のアンドラ人男性と。

アンドラ公国 ピレネー 雪の山脈

グルグルと廻る山道を登る途中で、

アンドラ公国 ピレネー超え 雪と花

今期最後の雪に触れました。雪はもう茶色くなっていましたのでボケ気味で。
遅く始まった春です。

アンドラ公国 Mirador Roc del quer  ピレネーの雪の山脈

アンドラとフランスの国境 税関 雪のピレネー山脈

フランスとの国境が見えてきました、というより鬼の税関が。詳しくは次回に。

フランス南部 ピレネー山脈

フランスに入ってもまだまだ続く山岳地帯、車中より。


蛇腹カメラ Kinax baby 1949-1956

屋根裏部屋のライティング 旧式カメラを構える

お宝は埃にまみれておりました。
1950年代に販売されていたフランス製のカメラ、Kinax Baby。
スイッチでビョーンと伸びる蛇腹式(スプリング式)、シンクロのフラッシュ付き。

写真のライティングは屋根裏部屋の小窓より、良い陰影を作ってくれました。

キナックスカメラ フランス製 蛇腹式

1952年には7010フランの値段がついていたそうです。
でも誰も私のまわりで、その当時の7000フランの価値がわからない・・
「あの時代にカメラなんて、それはそれは珍しかったでしょ?高かったはず。」

・・・例としてフランスパン、バゲットがその当時いくらだったのか調べてみました。
kg単位で、デノミ、ユーロ換算・・と複雑な表から割り出してほぼ22倍の価格差で。
ということはこのカメラは現代の3300ユーロ相当だったかと予想。
(確証はありません、)

ま、とりあえず、あの時代にはけっこうな贅沢品だったと思います。
(私が今新調したいカメラより高い!)


バーガンディ カラー

バーガンディからのマニキュア 女性 顔の上に手

昔、英語圏の人たちとワインについて話していたとき(ワイン詳しくないデス、)
彼らが言う「バーガンディ」という言葉が解らず、スペルを見て「ブルガンディ??」
どこのワインかしら・・
後で解決しました・・ブルゴーニュの英語名だと。

上の写真のマニキュアの色名は [Burgundy]
先日、見慣れない英語表記のマニキュアを見つけまして Made in Poland。
珍しい色も揃っていたので装飾用にまとめ買いました。

マニキュア ポーランド製 バーガンディ ホットレッド パリピンク ゴールド シルバー

真ん中が  [Burgundy]、左隣は  [Paris Pink]  (ついでに右隣は [Hot Red])
この写真には現物の色がほぼ正確に出ていると思います。
パリスピンク、パリの何のイメージ? 詳しく聞いてみたいですね。
化粧品の色名はイメージ戦略のためと思いますが、ひねりの効いた面白い名前があったりするので、チェックするのが楽しいです。

ボルドーカラー、バーガンディカラー、ワインカラーの違いは?
色見本をwebで探しましたが、サンプル、モニターによってずい分と色合いが変わってしまいます、なのでここに貼れません。
感じたかぎりでは、ボルドーがより茶色に近く、バーガンディは紫が入り、ワインはもう少し赤より、といったところでしょうか。

でも単色で見たらボルドー?バーガンディ??・・解らないかもしれません。


クセのある人形たち①

ピエロのオルゴール人形 ゼンマイ仕掛け

先日、昨年公開のピエロホラー映画  [ IT ](スティーブン・キング原作  R15+ )
を見まして、やっぱりピエロって怖いなあ、と。下にトレーラーを貼っておきますね。

上の写真は昔、レトロな玩具店で買ってもらったオルゴールピエロ、音楽に合わせ腰を捻って踊ります、ゆっくりゆっくり・・
以下、ありふれているけれど妙にクセのある人形たちをいくつか撮ってみました。

半壊のロボコップ人形

彼は以前にも載せました、近所のガレージセールで見つけ連れ帰った 哀愁のロボコップ

ララループシー 大サイズ ボタンの目

アメリカからの女の子  ララループシー、4つ穴ボタンの目が特徴。
「綿密に統計を取り{女の子ウケ}を研究して作りました、」という開発チームのルポを読む機会があって、人形業界のバックサイドがチラリと見えて興味深かったです。
そう、昔の手作り人形にはよくボタンの目が付いていましたね。
可愛いんだけど・・何かが神経に触ります、多分「目」。

ララループシー 小サイズ 2体

でも娘とオットは「え?めちゃくちゃカワイイと思うけど??」うーん・・

マクドナルド ハッピー 子供用椅子

マクドナルドのハッピー、これ絶対狙ってますよね、ね?
マクドさんの業の深いこと。

ホラー要素も濃いですが、ローティーンの甘酸っぱい青春映画でもあります。
主人公の女の子がとっても魅力的で、この年齢(15歳だったそう)の姿を映像に残した幸運、キャスティングの奇跡に思えました。