戦没者墓地 ロレット聖母大聖堂(WWⅠ)

第一次世界大戦 戦没者墓地 パドカレ県 大聖堂 十字架の列

今夏に訪れたフランス北部パドカレ県にある第一次世界大戦・国立戦没者墓地とその大聖堂です。
今年でちょうど終戦100周年、証言者の方々はもう・・いらっしゃらないかと思いますが、今年は特に記念式典が続き、子孫である訪問者も多いようです。

第一次世界大戦 戦没者墓地 死者の塔 フランス国旗 十字架の列

フランス独特の「死者の塔」と呼ばれる建物で、中に地下礼拝堂、そして上階には、

第一次世界大戦 戦没者墓地 死者の塔 兵士の遺品 資料館

資料館として当時の遺品が展示してありました。下のヘルメットはドイツ軍の鉄兜・シュタールヘルム。

第一次世界大戦 戦没者墓地 死者の塔 戦士の遺品 資料館

第一次世界大戦 戦没者墓地 記憶の輪 戦没者の名を刻んだ環状モニュメント L'anneau de la Mémoire

隣接する環状のモニュメント「記憶の輪」、フランス側連合国の60万人の戦没兵士の名前が、国籍順でなくアルファベット順に刻まれています。(開戦100周年の2014年建造)
皆さん先祖の名前を探して廻ります。オットの母方祖母の苗字の数名を見つけましたが、遠い親戚かもしれません。

L'anneau de la Mémoire 第一次世界大戦 戦没者墓地 パドカレ県 戦士の名 モハメッド

たくさんのモハメッドさんたち、

第一次世界大戦 戦没者墓地 イスラム教徒とユダヤ教徒の墓標 パドカレ県

手前のドーム型墓標はイスラム教徒のもの、その奥、ちょっと見えづらいですが四角いものはユダヤ教徒の墓標です。

パドカレ県 第一次世界大戦 イギリス連邦戦没者墓地

こちらはもう少し車を走らせた場所にある、第一次大戦イギリス連邦軍兵士の墓地。モニュメントには英語で [ Their name liveth for evermore ]

第一次世界大戦 イギリス連邦戦没者墓地 パドカレ県 墓標

その同墓地、各連隊のマーク、死亡日、名前がきちんと入っていたり、いなかったり、解る範囲で作るしかなかったという墓標も。カエデのマークはカナダ連隊。

グーグルマップ 第一次世界大戦 チェコスロバキア戦没者墓地 パドカレ県

こちらは走行中に見つけた小さな戦没者墓地、鮮やかな三色旗?チェコスロバキア。
しかし停まれずUターンも出来ず、なのでgooglemapよりお借りします。
近隣にはいろいろな国・団体それぞれの集団墓地がありますが全部は回れません、、第一次大戦の戦局は、それはそれはたくさんの国・地域が関わっていて、しかも今とは国々の状態も大きく違って(名も形も!)非常に複雑。

戦没者墓地 第一次世界大戦 パドカレ県 西部戦線のはられた地域 平野

墓地より見下ろして。このあたりはちょうど「西部戦線」がはられた緊張地帯で、海への道と北フランスの工業地帯を手に入れたいドイツ軍とフランス側連合軍が激しく戦った地域です。あの戦線に沿って掘られた「塹壕」での戦いですね。
最近の映画では、フランスのジャンピエールジュネ監督、オドレイトトウ主演(アメリのコンビ)の「ロングエンゲージメント(2004)」にあの「塹壕戦」の様子が細かく描かれています。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




いぶし銀のモーター SIEMENS洗濯機

洗濯機の壊れたモーター 取り外し いぶし銀

洗濯機のモーターが焼き切れました・・・
修理の際にお産のごとく手渡されたそれ、いぶし銀の渋い顔立ちで7kgもありました。
あまり目にするものでないので記念に撮影。

突然一区画のブレーカーが落ち、調べたら洗濯機のドラムが回らなくなっていました。

洗うとなったらドイツのメーカーだよ、」という家電に詳しい友人の意見を聞き、
シーメンス社の洗濯機を買ったのは12年前。

ネットで調べると、同社の洗濯機はだいたい12年が寿命の目安のよう。
そんな時間(期間)にも正確なのはさすがのドイツメーカー・・でしょうか。

とりあえずエージェントに電話をし、
「技術者を向かわせます、派遣料がかかりますが、まったく駄目だった場合は新品を割引いたしますよ。」

スラリとしたアフリカ系のお兄さんがいらして点検、案の定モーターが焼き切れていました。代替モーターの料金は200€あまりとのこと。
たしか元々の値段が600€台だったので、微妙な金額であります。

修理の専門家である彼は、家電売り場の販売員よりもずっと製品に詳しいはず、と
モーターの寿命を縮めない使い方を尋ねました。
@けして重量オーバーをせず、
@脱水の速度は1000~1200/mnまで、けして最速の1600にはせず、

モーターの他に高い代替品は?「回転ドラム、だいたい同じくらいの値段ですね。」
「ドラムの状態はいい、完璧です。洗剤は?」少なめにしています→「正解です。」
「柔軟剤は?」苦手なので使っていません→→「正解です、内部を痛めますから。」
その他、カルキ除去の洗浄剤の頼りなさなどなど、大変勉強になりました。

シーメンス社のロゴ SIEMENS 洗濯機

改めてよく見たら、シーメンス(欧名ジーメンス)のロゴはこんなにシンプルだったのね、と。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




たどり着けない廃墟城

casterbouc 廃墟城 ロゼール県 崖の上の中世の城

こちらは中央高地ロゼール県にある、Casterbouc カステルブーク城。
建立は12世紀、そして1592年、宗教戦争中に破壊されたまま廃墟となっています。

casterbouc 中世の廃墟城の下 崖に沿った村

崖の下を囲むような村の入口、

casterbouc 廃墟城の崖の下 14世紀の聖ジャンバプティスト礼拝堂

こちらも下部にある聖ジャンバプティスト礼拝堂、1382年建立。(入れませんでした。)

casterbouc 中世の村 石造りの階段 廃墟城の崖の下

崖に沿った坂道の続く村です。
城までたどり着ける(?)と信じて階段を上がっていきましたが、

casterbouc 中世の廃墟城 崖の下 参道に石の標識 ZUF

途中から山道に入って迷い気味、不思議な標識に出会い少しビビり、
このお城には幽霊がでるそうで、悲愴な最後を迎えた旧城主の、、

casterbouc 中世の廃墟城 崖の上 アクセス不可

城の立つ岩は後方に。あ、これはもともと侵入出来るような造りになっていないのだ、と納得。切り立った岩の上ぎりぎりに建てられていて、アクセスはほぼ不可能とのこと。
(空から、もしくはロッククライミングで)

casterbouc 中世の廃墟城 崖下の村 石造りの家々

村も中世からほぼ姿を変えていないかと、

casterbouc 中世の廃墟城 崖下の村 石造りの古い家々

castrebouc 中世の廃墟城 村の古い家の木の窓 レースのカーテン

崖の高低差を利用した家で、地面近くにある窓です。反対側テラスは一段下がった造りでした。おそらく景観のために外装には新しい構造のものを使わないようにしていると思われます。
この先もずっとこのままで、と勝手を。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク