美術館で出会うAsiaの神様仏様 ギメ東洋美術館

ギメ東洋美術館 高麗時代の千手観音像 朝鮮半島

「ギメ東洋美術館」へ久しぶりに行ってまいりました。(20年ぶり!)
この美術館はもともと、フランスの実業家ギメ氏 (Èmile Guimet)の東洋美術コレクションから始まり、アジアの美しい神仏像が多数展示されています。
上の像はは10~11世紀、高麗時代の朝鮮半島で作られた千手観音像。
こういったライティングの中で見る仏様というのも不思議と言えば不思議で、ちょっと違和感が残りますね、正直。

ギメ東洋美術館 18世紀チベット 踊るダキニ像 後ろ姿

およそ18世紀のチベットの「踊る荼枳尼・ダキニ」。大層サディスティックな女性神だそうです、、が、後ろ姿が美しい。

ギメ東洋美術館 地上階 展示室 インドシナ

展示はこんなかんじで、地域・国別にまとまっています。地上階入ってインドシナの展示が続きます。

ギメ東洋美術館 仏像の頭部

ギメ東洋美術館 18~19世紀 ベトナムの千手観音像

18~19世紀ベトナムの千手観音像。

ギメ東洋美術館 踊る女神像 4体

16~17世紀ネパールのヒンドゥー教のバイラヴァ神のマスク

16~17世紀ネパールのヒンドゥー教のバイラヴァ神のマスク。

ギメ東洋美術館 吹き抜けの巨大仏陀の頭部 仏陀座像

ギメ東洋美術館 中国の展示室 仏像

こちらは中国の展示室にて、日本人に馴染みの深いお顔立ちの仏像が増えてきます。

ギメ東洋美術館 アジアの宗教関連の書庫 7体の雲に乗る仏像

東洋の宗教関連の書庫です。

ギメ東洋美術館 書庫 日本の11世紀 藤原の時代の仏像

日本の11世紀、藤原の時代の仏さま。

ギメ東洋美術館 アジア宗教関連の書庫 本棚 金網の防護

2階には上がれず、下段は防護厚く、

ギメ東洋美術館 日本の展示室 江戸時代の能面

ソワソワと日本の展示室へ。展示品は多くセレクトも秀逸、よくもまあこれだけの品々を・・とため息が出ます。
江戸時代の能面です。後ろに構えるのはオットですが、こういう系統の「顔だち」には慣れているはずなのに、「ホラー並みに怖い、」

ギメ東洋美術館 日本の展示室 能面

ギメ東洋美術館 日本の展示室 能面

ギメ東洋美術館 能面の裏側 増阿弥作

増阿弥(ぞうあみ)、室町時代の能役者の第一人者だったそうで、

ギメ東洋美術館 桃山・江戸時代の南蛮漆器 様櫃

桃山時代と江戸時代の南蛮漆器の洋櫃(ようびつ)。
この前飛行機の中で見た映画「沈黙」(マーティン・スコセッシ・監督、遠藤周作・原作)はこの桃山時代のポルトガル人来日の話なんだなあ、と思い出し。
頑張って子供と一緒に勉強しなければ、日本史を。(記憶は儚いものなり。)

ギメ東洋美術館 日本の展示室 武士の甲冑

これは甲冑の胸当ての部分なんですが、説明書きを撮り忘れて詳細がわかりません。細工が独特で美しくてぼーっとしてしまいまして。

ギメ東洋美術館 埴輪 日本の展示室

遠い異国で何を思ふ。

ギメ東洋美術館 パリ